草薙の研究ログ

英語教育関係。でも最近は統計(特にR)ネタが中心。

JansonとOllssonのイオタ

JansonとOllssonのイオタは,評定変数が多変量で複数評定者間の信頼性ないし一致率を評価する係数。Rでは,irrパッケージのiota関数を使う。
たとえばルーブリックを使用した評定を二人が行い,観点が5つあるとか,そんなときに使用する。

#こんなデータに
[[1]]
  Rater1 Rater2
1    Old    Old
2    New    New
3    Old    New
4    New    New
5    Old    Old
6    New    New
7    New    New
8    Old    Old
9    New    New

[[2]]
  Rater1 Rater2
1   Slow   Slow
2   Fast   Fast
3   Slow   Slow
4   Fast   Fast
5   Slow   Slow
6   Fast   Fast
7   Slow   Fast
8   Slow   Slow
9   Fast   Fast

iota(dat)[]
$method
[1] "iota for nominal data (2 variables)"

$subjects
[1] 9

$raters
[1] 2

$irr.name
[1] "iota"

$value
[1] 0.775

$detail
NULL