草薙の研究ログ

英語教育関係。でも最近は統計(特にR)ネタが中心。

情報処理

効果量では見えない指導の効果(6):分位点回帰

1. これまでのおさらい 前回は,事前-事後の成績の比較について, (1)効果量には,相関を考慮するものと,しないものがある (2)いずれにせよ,事前-事後の比較では,平均差,標準偏差だけではなく,相関係数(r)や分散比(F)が重要になる場合もある …

効果量では見えない指導の効果(2):解釈のための工夫

背景 自分のメモのためにも続き。 前回は: 効果量では見えない指導の効果(1) - 草薙の研究ログ 効果量では見えない指導の効果(1) - 草薙の研究ログ さて,前回では, (1)外国語教育の実務的観点では,学習・指導の効果を効果量のみで議論することはそ…

問題の一部実施で妥当性の検証?

たまたま手元に40人,48問の反応のデータがある。 この状態で信頼性係数(α)は.85というくらい。 ここから,仮に(a)5問,(b)10問,(c)20問,(d)40問というように問題をランダムに抽出して信頼性係数を求めるという計算を,それぞれ100回ずつおこな…

Rで並び替え検定:"coin"パッケージ

そうだそうだ,並び替え検定(permutation test)をRでやるには,て話があって。 仕組み自体簡単なので,Rだと簡単に関数が書ける。 たとえば, Permutation Test これとか。 でも,いっそのこと,"coin"パッケージを使えばいいかも。 CRAN - Package coin o…

解釈しやすい効果量「優越率」(続き)

前回の続き。 <a href="http://kusanagi.hatenablog.jp/entry/2015/01/23/173421" data-mce-href="http://kusanagi.hatenablog.jp/entry/2015/01/23/173421">南風原・芝(1987) 優越率 - 草薙の研究ログ</a&a…

【教材用】Rで標準正規分布を描く

背景 たくさんあるけど,探すのが面倒なので自分のブログに張っちゃえ。 『生活と統計』という授業を持っていて,何かにつけて標準正規分布を描く機会があるんだけど,いつもちょっと面倒だな,って思ってしまう。いや,実は面倒だな,って思うわけでもない…

Rでロバスト相関:"robust"パッケージ

背景 相関係数のお話で,外れ値の影響を除きたいっていうときはいっぱいある。 方法もいっぱい。 まあ,ジャックナイフしてみるとか。 ジャックナイフはやろうと思ったらエクセルでもできるよん。 TIPS - 草薙邦広のページ でも今日はロバスト推定値をもとめ…

直交表実験計画→ロジスティック回帰

はじめに 直交表実験計画→ロジスティック回帰の流れは経済学というかマーケティングとかで,コンジョイント分析っていうので使うのよね。 自分の研究でもこれをやる機会が来た。 文法性判断課題(GJT)の分析で,もう古典的テスト理論ではなくて,つまり被験…

Rで項目反応理論:ltmパッケージ覚書き

背景 すっげえ便利。びっくらこいた。 ちょっと色々IRTでやんなきゃいけない事案があって(博論?),テストの等価とかやんなきゃいけなくて。 ltmパッケージっていうのがある。素晴らしい。 http://cran.r-project.org/web/packages/ltm/ltm.pdf その前に …

テトラコリック相関係数と文法性判断課題のデータ

最初に ポリコリック相関係数は順序尺度(3件など)に「適応するとよいといわれる」相関係数の一種。 ポリシリアル相関係数は順序尺度と連続尺度。 テトラコリック相関係数はポリコリック相関係数の一種で,2値データによるもの。 これらは中に分布を仮定し…

正規表現を使った簡単な整形:SEFAの変数名を題材に

背景 SEFAっていうのがあって。 ステップワイズ探索的因子分析っていうの。 ウェブブラウザー上で因子分析ができる。 Stepwise Variable Selection in Exploratory Factor Analysis (SEFA) Ver. Beta-2.1 これをちょっとやることがあって。 これ,変数名入力…

相関係数行列の対角線から見て右上を落とす

背景 問い合わせが結構あって。 聞くところによると,例えばSPSS(触ったことない)とかエクセルの分析ツールを用いて相関係数行列を出すと,対角線から見て右上にも出力されて,それが面倒だとか。例えば, こんな感じ。 コレぐらいだったら手でやればいい…